--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-20

県立病院ってやつは

金曜日の朝早くに大阪を出発するつもりでいたのですが、早めに病院へ行って受け付けをしないと診察時間まで待たされるとアドバイスをもらったので、木曜日の仕事帰りにそのまま福井へ帰る事にしました。
実家に到着したのは12時前。
その夜はちょうど雨風が激しく、家が揺れたり木ぎれが飛んできて窓に当たったりとなかなかうるさくて3時くらいまで寝られませんでしたが、翌日はKIAIで6時過ぎに起き、家を出る支度をしました。

私の実家がある市には産婦人科がありません。
車で40分ほど走って隣町まで行かないと、お産ができないわけです。
その日は妹に車を運転してもらって、県立病院へ行きました。
大阪の病院で書いて貰った紹介状もしっかり持って。


9時には県立病院へ到着。
受付で保険証と母子手帳、紹介状を渡して受け付け表をもらい、産科の待合室へ向かいます。

待合室で1時間くらい待つと、やっと看護婦さんに名前を呼ばれました。
でも診察するから呼ばれたのではなく、診察の時間を告げられただけ。
なんと、初診の診察はお昼をまわって14時半くらいになると言うのです (゚Д゚ )!!
「一応予定では14時半なんですけど、もしかしたら15時とかになるかも・・・・予約を取ってもらってまた他の日に来て頂いてもいいんですけど、どうしましょう?」とくる。
他の日って、冗談じゃないわ!
「他の日って言っても、私、月曜日からは仕事なのでまた日曜日に大阪へ帰らないと行けないんです。そんな事言われても困ります!」
「じゃ、いったんお家に帰って休まれて、また午後から来られますか?」
「私の実家は○○市なんですけど・・・・」
「・・・あぁ・・・・どうしましょう」

いったん家に帰れったって、妹はもう帰っちゃったし、また迎えに来て貰って午後に送ってもらうのも大変です。
家族もヒマなわけじゃないし。
かといって休みを延長してもらって月曜日に来ることもできないし、仕方なく
「じゃ午後まで待ちます・・・・・・_| ̄|○」
と返事をしました。



その間に内科の診察も受けに行きました。
内科の受付をしたのは11時すぎ。
診察室に呼ばれたのは12時前くらい。
病気の事や経過は紹介状にびっちりと書いてあるし、特に何もすることなく、里帰り出産をする時のカルテ作りの為に発症の時期や自覚症状、今の状態を話すだけでした。
12時半にやっと内科の診察(というか問診だけだしっ)が終わり。
病院の中にあるレストランで一人寂しく昼食。
もうここまでだけでけっこうクタクタになりました。
前日は3時まで寝られなかったし、寝不足ですごくキツい。
自分が思ったより体も疲れやすくなっているし、ちょっとでも寝不足をすると体がだるくてだるくて本当にしんどいんです。
ずっと待合いの椅子に座りっぱなしでお尻も痛いし、もう帰りたいと思ったけど、それも悔しいしとにかく待つことにしました。

お昼過ぎは診察も昼休みにはいっているのか、全体的に人が少なくまばらな感じになりました。
広い待合いをうろうろして、人気のない場所を探します。
脳神経外科の待合いは広いし、やたらと長いソファーが置いてあるうえに誰も人がいなかったので、靴を脱いでソファーに横になりました。
そこでしばらく仮眠。
何が悲しくて病院のソファーで妊婦が仮眠をしなきゃいけないのか。
腹立たしかったけど睡魔にも襲われていたので、14時まで寝てしまいました。

一応14時半からの約束だったので、産科の待合室へ移動。
その時に気付いたのですが、産科の外来を診ている医師が1人しかいないんです。
産科自体には何人か医師はいるんだけど、外来は1人。
こんなに大きな病院なのに外来は1人って。
まぁ、それなら待つのも仕方ないかと自分をなっとくさせて、ソファーに座りながらウトウトしました。

14時半・・・名前呼ばれず。
15時・・・・名前呼ばれず。
15時半・・・・・・呼ばれず (#^ω^)どれだけ待たす?!

16時すぎ、やっと呼ばれる・・・って7時間も待たすのかここは!!!!ヽ(`Д´)ノ



なんちゅう病院や~と呆れた気持ちでしたが、とにかくもう疲れて待ちくたびれていたので、とっとと診察して終わらせたいという気持ちに。
診察室に入ろうとすると、看護婦さんに呼び止められました。
「母子手帳に何も診察の経過が書かれていないんですけれど、まだ妊婦検診はされていないんですか?」
「手帳をもらってすぐに10日ほど入院をしたので、入院中は妊婦検診がなく、これからなんだと思います。」
「じゃまだ初期なんですね・・・それだと特に診ることがなく、妊娠しているかどうかの検査だけになりますけど、どうされますか?」

っておい!!”#
電話で里帰り出産のことを聞いたら一回来いと言ったくせに、7時間も待たせて「妊娠してるかどうかの検査だけになる」ってどないやねーーーーーーーーーーーん!
母子手帳持ってるんやし、妊娠してるに決まってるやろが!
あんまり寝ぼけたこと言ってるとしばきまわすぞ?!?!?!

と、疲れてた事もあっていっきに頭が沸騰しましたが、ここはおさえておさえて・・・。

「電話で里帰り出産の事を話したら来いと言われたからわざわざ大阪から来たんですよ?大阪の病院でも早めに行って予約を取っておいたほうが良いと先生にアドバイスされましたし。」
「っと・・・うちは基本的に出産の予約というのはしていないんですよ。中期になったら来ていただいてバースプランというのを話し合って決めるんですけど、また中期に来ていただけますか?9月か10月のいつなら来れます?」

・・・・・・何これ・・・・・むかつく!!!#”#$
と怒っても仕方ないので、おさえて、おさえて・・・。

「仕事を持っているので、今の時点で何月何日に来れるかと聞かれても答えようがありません。」
「そうですか・・・じゃ妊婦検診はできませんけど、とりあえず診察しましょうか・・・」

そういうことなら7時間も待たせる前に言えよ?
母子手帳だって今渡したわけじゃないやん?
受付した時点で提出してんねんから、妊婦検診の記録が何も書いてないことは最初に時点で分かったやろ?
とりあえず診察ってアホか!
と怒っても仕方がnry

診察室に入ったら、男の先生 _| ̄|○ 女医さんがヨカッタ・・・もうどうでもいいか。
好きにしやがれ。

「じゃ、内診しましょ」

クサクサとした気持ちで内診台へ。
女性なら「わたし内診大好き♪」って人はいないんじゃないかと思うのだけど、ただでさえ不快な内診がますます不快になりました。
台が回るのも足が勝手に開かれるのもお腹にかけられたタオルもなにもかもいらつく!
唯一内診で楽しみがあるとすれば、超音波画像が見られることです。
自分のお腹の中に人間が入っていて、その様子がなんとなくだけど画像で見られるというアメイジングなことは、今だけの特権♪
超音波で見るための器具を入れられている感覚があり、いよいよだわ♪とワクワクしていたのですが先生は無言。
カーテンも閉じられたままです。
器具だけもぞもぞとあっちこっちへ動かされている感覚があり、時々ピッピッと画像撮影をしているらしき音が聞こえるだけ。
え?まさか超音波画像見せてもらえないわけ????
まさか?まさか?と思っていたら
「はい、終わりました~」と看護婦さんの声が。

一言の声もかけてもらえることなく、カーテンで隠されて何をされているかも聞かされることなく内診が終わるなんて _| ̄|○ il||li

くたびれたのとガッカリしたのでしょぼんとしながら診察室へ。
パッと見は私の苦手な感じの先生が話を始めたのですが、声が小さくて聞こえにくいっっ。

「今で11週と○日ですね、33mmでまあ平均的な大きさに育ってます・・・」

「里帰り出産を希望されているという事なんですけれど、糖尿病合併妊娠の方はいろんな合併症が出やすくてリスクが高いんですよね・・・合併症が出てからこっちへ来られても今までの診察記録が病院にないから管理がむずかしいし、妊娠中毒症とか赤ちゃんが小さいとか大きいとかになって来られてもこっちの体勢を整えにくいので・・・そういう場合にうちの病院がいっぱいな状態だとあとは福井医大におまかせすることになるんだけど、医大も受け入れ人数は少ないし、そうすると結局県外の病院で受け入れてくれる所を探さないといけないことになるので、そのまま大阪の病院で産まれた方が安全なんですけどね」


え。
どゆこと?


「合併症が出てからって、今の状態はいいはずですよ?紹介状にも書いてあるし、午前中の内科の検査ではヘモグロビンA1cは4.6でした。これっていい数値ですよね?じゃ、合併症が出ていなくて普通の妊婦さんと同じ状態だったら里帰り出産してもいいってことですか?」
「まあそれが理想ですけど、合併症がでる可能性はかなり高いし、糖尿病合併妊娠の方の管理は難しいんでね。うちだと出産の2ヶ月前からもう入院してもらって管理していかないと、ちょっと出産ってのは難しいんだけど。9月くらいにも一度来て貰って診察しないと、今後のプランも立てられないし。」
「じゃあ会社に2ヶ月前から産休がもらえるのか聞いてみます。それと9月ですよね?休みを貰えるか交渉します。」
「そう、じゃあ一応入院の予約は入れておくとして・・・でも本当は大阪の病院で産むのがリスクが少なくていいんだけどね。本当にリスクが高いからね・・・ずっとうちで診察できるならまだいいんだけど、難しいからね・・・体勢を整えるのが・・・」
「・・・・病院側として私を受け入れるのが都合が悪いってことですか?」
「それだけリスクが高くて難しいってことでね・・・里帰り出産ってけっこうリスクあるからね・・・あ、これ今日の写真1枚持って行ってくださいね。」


なんかうつりもイマイチな写真を1枚渡されました。
写真についての説明もなし。


「じゃ助産婦さんの指導をしますので、こっちの部屋へ来て下さい」

こんなことを言われるためにわざわざ福井まで来たのか。
なんだか泣きたい気持ちになって指導室へ。

「先生はああ言ってますけど、意地悪で言っているんじゃなくて、本当にリスクが高くて危険なんですよ。移動中に破水したとか、胎盤がはがれたとかそんなことになってから来られても大変なんでね。大阪の病院で産むのが一番安全なんですよ。出産した後の事を考えて里帰り出産をされると思うんですけど、病院としてはまず問題なく無事にお産をしてもらう事を第一に考えます。産んだ後のことより、産む前の事の方が危険が多いし大変なんですよ。今大阪で行っている病院はすごく有名なところじゃないですか!ここへ通っておられるなら、正直うちよりもここで産まれた方がいいと思いますよ。」

17時に診察終了。
もう会計も閉まっていて、支払いは時間外窓口でしました。
内科以外は保険がきかないので、この日のお会計7500円。
交通費とお昼代を合わせて2万円の出費です。



糖尿病合併妊娠のリスクくらい、わかってます。
自分のことですもの。
ネットや本なんかでそれなりに勉強しましたよ。
ってか、そういうことが分かっているからこそ、この県立病院を選んでるんですよ。
普通の妊婦の里帰り出産だったら、産科がメインの病院を選びますよ。
ちゃんと病院のホームページで下調べくらいしましたよ。
県立病院だから、糖尿病の専門ともいえる内分泌代謝科がある事も調べていましたよ。
大阪の先生だって、私が何も言っていないのに紹介状をお願いしただけでちゃんと医局長となる先生の名前まで調べてくれて、その先生宛にちゃんと紹介状を書いてくれたんですよ。
もしもの時の事も考えて新生児集中治療室(NICU)とその後方病室である新生児回復期治療室(GCU)、母体・胎児集中治療室(MFICU)もある総合周産期母子医療センターに国から指定されている事だって確認していましたよ。
ホームページに「合併症妊娠・多胎妊娠・切迫流早産・胎盤位置異常・胎児異常などのハイリスク妊娠・分娩の母体や、出生時体重1000g未満の超低出生体重児などの周産期医療に取り組んでいます。」って書いてあるから、わざわざ選んだんでしょうが。
なのにリスクのことばかり延々と聞かされ、つまりはうちの病院では糖尿病合併妊娠の里帰り出産は受け入れできないと拒否された。
私はそんなふうにしか受け取れませんでした。
後で指導をされた助産婦さんの対応はまだソフトでしたが、診察室では先生、看護婦さん2人、助産婦さんに囲まれ、みんな眉間にしわをよせた顔で私を見ながら「リスクが」だの「受け入れが難しい」だの言われて、まるで自分が悪い事をしているかのような情けない気分になりました。
いちおう12月にはいったらすぐ入院する予約はしましたが、こんな病院ではとても安心してお産ができるという気持ちにはなれませんでした。

大阪で行っている病院は愛染橋病院といって、確かにかなり有名なところです。
内科の先生にも初期の経過がいいと褒められ、産科の先生にもこのまま普通の妊婦さんと同じように出産できるよう一緒にがんばりましょうね!と笑顔で言われてがぜんやる気になっていたのに。

どうやら里帰り出産はあきらめたほうがよさそうです。
次に大阪で妊婦検診があった時に、出産して退院した後に里帰りをしても大丈夫なのかどうか聞いて、大阪で産むことを考えていこうと思いました。

本当に今までで一番最悪な里帰りになりました。
このクソクソ出費が多くて家計が厳しい時期に・・・

2万円返してっ!! つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

スポンサーサイト
2009-07-19

産むのは易くてもあとはきついらしい



子供を産みますよとなると、いろんな手続きもあるし(母子手帳をもらったりとかね)どこで子供を産むのかということも決めておかなくてはなりません。

最初は大阪の病院で産めばいーやー(゚∀゚)
と気楽に考えていたのですが、周囲からの
「産んだあとの入院中に家族が毎日来てくれる方が楽よ」
「退院したあと、子供の面倒も旦那の面倒もみないといけないのはすごい負担」
「産褥期っていわれる2ヶ月くらいの間はゆっくり体を休めないとのちのち大後悔する」
「日中や夜中に育児を手伝ってくれる人がいないと自分の身体がもたない」
などなど、いろんなこわーいアドバイスがありました。

母子手帳をもらいに行ったときにも、保健婦さんからアンケート用紙みたいなのを渡されて記入させられるんですけど、その内容がモロ幼児虐待に繋がる可能性があるかないかを探っているものでして(;・∀・)
・妊娠を告げた時のご主人の反応はどうでしたか?
・子供を産むにあたって一番不安なことは何ですか?
とか、そんな質問がずらーり。
アンケート用紙を回収した保健婦さんが紙をちらりと見て
「産後に育児を手伝ってくれるご主人以外のご家族はいないんですか?」
と言ってくる。
「はい・・・・それってダメなんですか?」
「いや、ダメってことはないですけど大変ですよ。どちらかのお母様が1ヶ月くらいは一緒にいてくれた方がいいんですけどね~・・・・」
っとくる。

そうか、産後はそんなに大変なのか。
確かに2時間おきくらいに朝も夜も関係なく子供は泣くし、子供の面倒だけじゃなくて旦那の世話も大変そうだ。
洗濯、掃除、炊事・・・確かに自分の身体を休めるなんてできそうにない。

私の実家なら自営業だから両親はずっといるし、妹夫婦も同居してる。
一番下の妹も同じ市内に住んでいてしょっちゅう来るし、手伝いしてくれる人はくさるほどいるな。
私も姪っ子が産まれた時は2歳ぐらいまで妹と一緒に世話したし。
やっぱり実家に帰って里帰り出産ってのをするほうが楽そう(*´∀`)


大阪の病院の先生にその話しをしたところ、
「それならば早い目に実家の近くにある病院を探して、出産の予約を入れておいたほうがいいですよ。病院は普通の産院や産科じゃなくて循環器専門医のいる内科がある総合病院にしてくださいね」
とのこと。

ネットで調べたところ、地元の県立病院が産科もあるし循環器の医者もいるので、そこで予約をいれる事に決めました。
念のために電話をして簡単に説明したろこと、それならば一度紹介状を持って来院してくださいとのこと。

週末の金曜、土曜と休みをもらい、大阪の病院で紹介状をお願いして帰省の準備を始めました。


2009-07-15

ねむすっぱLOVE


退院して仕事に復帰しました (`・ω・´)

体を締め付けると苦しくなるのもあるし、ジーンズのウエストがきつくなってきたこともあって、ボタンは外してファスナーは半分オープンさせて仕事をしていますw
幸いもっと太っていた頃に着ていたTシャツも少し残してあったし、旦那の大きいTシャツとかもあるのでいわゆる社会の窓の部分はシャツの裾で隠しています。
たぶん誰も気付いていないし、具が見えたりしてないよねw

できるだけ出費を抑えてすごしたいので、限界までマタニティウェアという類のモノは買わないようにする予定ですが、胸だけはワイヤーの締め付け感がどうしても苦しくて吐き気を催すのでマタニティブラジャーというものを買ってきました。
これを試着した時は感動しましたよ!
ちゃんとワイヤーが入っているのですが、肌にあたる部分にはクッションが入っていて当たりが柔らかくなっているんですね。
後ろのホックも4段階とか5段階に調節できるので長く使えるし。
しっかり支えているけど締め付け感がだいぶ緩和されて、この下着があるから仕事ができるといっても過言ではないくらいです。
ホントは何もつけていないのが一番楽でいいんですけどね。
さすがに職場でノーブラはできませんからねw



今、いっちばんしんどいのはつわりくらいですかね~。

仕事をするようになって、何もしなくてよかった入院時よりは症状は重くなりました。
まだ吐くまではいってないけれど、気持ちの悪さというかむかむかした胸焼け感はほぼ四六時中あります。
たまにもう吐いてしまいたいと思う事もあるけど、吐くのもそれはそれでけっこう苦しいですよね。
喉も胃液でやけるし、お腹にも圧力が掛かりそうだし。
極力吐き気はガマンしています。

典型的ですが、酸っぱいモノを異様に欲するようになりましたw
仕事中のむかむか感を押さえるのに柑橘系のグミを常備しています。
本当は仕事中にお菓子を食べるのは良くないのですが、今は本当にそんな事言っていられる状況じゃありません。
むかむかすると気分も悪いし、イライラするので机の上にグミを置いておいて、気持ち悪くなったら口の中に放り込んでいます。
スッキリ楽になるというわけではありませんが、多少口の中がスッキリとして、むかむか感が若干収まります。
低血糖になった時も3~4個グミを一気食いしてしのいだり、なかなかのお役立ちオヤツです。

ご飯大好きな自分がまさかこうなるとは思っていませんでしたが、本当にご飯の炊けるニオイに耐えられなくなりました。
ご飯のニオイが漂ってくると、うわっ!近寄りたくないっ!と思うくらい。
なので、今は白ご飯を食べるのが一番苦痛です。
入院中は白ご飯が必ず出てくるので泣く泣く食べていましたが、今はしっかり避けて通っていますね。
もう酢飯Loveな毎日です。
料理も料理中のいろんなニオイが気持ち悪くなるのでほとんどしてません・・・・。
外食や買い食いでなんとかいい血糖値をキープしていますが、次の診察でHbA1cの値が悪くなっていないかちょっとびびってはいます。

今食べたいものは

・酢飯 すし全般
・フライドポテト
・すもも
・ぶどう
・パイナップル
・キウイ
・うどん
・イカのてんぷら

これくらいかしら・・・・
それ以外はできれば食べたくないですね (´・ω・`)
あんなに好きだった辛辛の激辛ラーメンも今はちょっときつい感じ。
緑黄色野菜はもっぱらトマトで補給しています。
冷蔵庫には常にトマトは入れて置いて、朝食の時とか夕食の時にトマトを1個丸かじり。
トマトは割と食べられますね~。
野菜も煮たり焼いたりと火を通したものより、生野菜を青じそドレッシングで食べたいと思うようになりました。

お弁当は作らないので、お昼はもっぱらセブンイレブンにお世話になっています。
お総菜で売っているゴーヤチャンプルに手巻き寿司が定番メニューです。
今は青じそ入の納豆巻きが売っているので、そればっかり食べています。

きっと、今人生で一番「酢」を食べていますねw
酢というか酢飯ww

なんかね・・・こうやって書き出してみると、本当に糖尿の人でこんな食生活だめでしょ!って思う内容なんですが、ほんとに気持ち悪いんですよ!!ヽ(`Д´)ノ
気分が悪くない時間っていうのがほんとに少ない!
もーーーーーーうっとおしい!

それも本とかによると、あと2~3週間のガマンみたいですね。
今までのしんどさがウソッ?!と思うようになるくらいぴたっとおさまるとか書かれてます。
まれに臨月までつわりが続く人もいるようですが、まさかね・・・w


あとはむちゃくちゃ眠いことぐらいでしょうか。
退院した後、ますます眠気がきつくなりました。
仕事が終わると自分が思った以上に「疲れた~」っていう感じというか、感覚が強くなった。
さすがに仕事中は産休までがんばらねば!という気持ちがあるので眠気は襲って来ませんが、帰宅するともう2時間くらいしか起きていられません。
たいがいベッドに横になって、足の位置が高くなるように壁にたてかけて横になっていると、いつの間にか寝ています。
テレビを見ていても10時台の番組を最後まで見ることなく寝ていますねw
12時過ぎても起きている事はまったくなくなりました。
どんなにがんばっても11時が限界で、たいがい10時を過ぎたらもう寝ています。

この眠気だけは本当に耐えられないですね~。
これはきっと「しっかり休めよ」という体からのサインなんだと思って、今はガーガー寝るようにしています。

なもんで、FFとかゲームなんて全然できないんですよねw
ブログも書きたい書きたいと思いつつ、気がついたら朝になってる事が多いので全然ダメですねw
家に帰ったらうさぎにエサだけやって寝てますからww
もうちょっと眠気がなくなってきたら自分のやりたい事もできるかな~って感じです。
今は自分の事だけでなく、家事もほとんどできてなくて旦那に迷惑かけっぱなしです。
これからもっと家事を手伝ってもらわないといけなくなるから、ちょっとくらいいいよねw

2009-07-04

のんべんだらりとゴーロゴロ

2回目の入院生活が始まりました (`・ω・´)


今回は産科病棟で妊婦さんonlyの空間にほうりこまれました。
診察室や分娩室も同じフロアにあって、母子同室のところなので入り口は自動ドアで区切られている病棟です。
自動ドアの中に入れるのは妊婦さんの父母と旦那さんだけ。
家族でも子供とかは入れませんし、親戚の方やお友達も中には入ってこれないのです。
お部屋の中は父母と旦那さんすら入れません。
面会は自動ドアの外か、病棟の中にある「デイルーム」という名前のお部屋でのみOK。
なので基本的にとても静かです。

私の入った相部屋は初期の妊婦さん用のお部屋でした。
同室になるのはつわりがひどくて入院することになった人とか、流産しそうになった人とか、中絶手術をする人とか・・・(;´∀`)


入院中は糖尿の合併症が発生してないか、進行していないかの検査が時々あるくらいで、あとは決まった食事を食べて決まった時間に血糖値を計るだけ。
あとはな~~んにもしないという生活です。
以前入院した時はとにかく「動け動け」と言われるので、運動を日課にしていましたが、今回は「動かなくて良い。むしろ運動しなくてもいい」と言われる。
さぁ、何をしようか?

答え:ひたすら寝る

入院する前からなんですが、とにかく眠い!
尋常じゃない睡魔に襲われて寝ちゃうんです。
「こんだけ寝たからもう眠くないやろ」と思ってもあまいあまい。
なんぼ寝ても食事の後は必ず眠くなって寝てしまいます。
産科の先生に「めっちゃ眠いんですけど」と言ったら「そういう人も多いですよ~。今は特になにもしなくていい時期なので眠かったらどんどん寝て、ゴロゴロして過ごして下さい」とのこと。
こんなにゴロゴロと何もしないで過ごす事が今までなかったので、なんとなく手持ちぶさたというか、どうしていいか分からず、病院の中をうろうろと散歩したりもしましたが、お腹が痛かったり、ちょっと出血もあったりで2日うろついただけで後はなにもせずに過ごしました。

入院する前からお腹がちくちくと痛かったり、ぎゅ~っと痛かったりしたのですが、それは子宮にいっぱい血が集まっていたり、伸びていったりするから「痛い」と感じるだけだそうです。
本当に流産しそうで「痛い」人は、ハンパじゃない痛がり方をしていた(同室の方、めちゃ辛そうでした…)ので、ああ、これくらいなら平気だなという事がすぐに分かりました。


食事は1240キロカロリーから1800キロカロリーに変更です。
妊婦さんで私の体格なら、これくらい食べて当然と言われてびっくり。
これだけ食べて運動しなくても特に太らないはず・・・・らしいです。
実際は1キロくらい増えた気がするけど・・・w

なんし、ご飯の量がえらいことに!
今まではご飯は1食100gだけだったんですよ。
100gっていうと、小さいご飯茶碗にちんまりとよそう量です。
それが倍の200gに!!!
これを毎食食べるのがけっこう辛かったですね。
残したり食べなかったりすると点滴をされるし。
おかずの量も全体的に増えて毎回「あ~お腹いっぱいで苦しい・・・」くらい食べてました。
動いていないし、仕事もしていないから余計お腹いっぱいに感じるのかな。

朝はパンなんですが、以前の入院では食パンが1枚でした。
今回は食パンじゃない!
レーズン入のパンだったり、チョコが練り込んであったり、カスタードが練り込んであったり、黒糖が入っていたり。
もう1年以上買ったことも食べたこともなかった菓子パン様が出てきてびっくりです!!
あ、味がついているパンなんて久しぶりなんだぜ。
なんでも食パンだとマーガリンとかジャムとかが必要になるけど(去年は食パンに糖尿の人専用のジャムがついてきてた)、ちょっとレーズンが入ってたり味がついている程度のパンならそんなにカロリーも高くないし、問題ないそうです。


そんなに食べて薬も一切無しで大丈夫なのか?

これが大丈夫だったんですよ~~~~~~~~。

3日目は全体的にちょっと血糖値が高くなってて、もう2~3日様子を見て同じような血糖値が出るんだったらインスリン注射を始めましょうかと言われてたんですけど、4日目からはグッと血糖値が下がりました。
だいたい朝は血糖値は低めで60台がほとんど。
本来ならばブドウ糖を飲まないといけない値ですが、すぐに朝食を食べるので何も飲まずにそのままご飯。
食後は120以下をほとんどキープできました。
たまに130とか150とかがあってドキッとしましたが、計測前にオレンジジュースを飲んじゃったとか、そういう時だけだったので問題なし。

今まで節制生活をしていたのが良かったのか、予定より2日早く退院することができ、12日入院しただけで復帰できました(*´∀`)~♪

とりあえず食後2時間の血糖値が120以下ならば、このまま何もなし。
130以上が続くようになったらインスリン注射が始まります。
先生の今までの経験でいくと、20週を過ぎる頃になるとインスリン抵抗性が高くなるようなのです。
つまり膵臓がインスリンというホルモンを分泌して糖を分解しようとするのですが、そのホルモンの効きが悪くなるということ。
健康な妊婦さんは「効きが悪いなら量で勝負じゃ!」とインスリンの分泌を増やして抵抗するのですが、もともと糖尿の人は結果的に血糖値が高くなっちゃうそうです。
その頃に糖尿病体質の人だったり、発症する要素が多かったりすると「妊娠糖尿病」になっちゃうんですね。


退院した後も血糖値は計り続けなければなりません。
簡易血糖測定器は去年買ってあるのでそれを使えば問題なしですが、問題は試薬や針の代金です。
インスリン注射をする人は保険がきくので試薬や針を安く買えますが、注射をしていない私は実費。
1日3回血糖測定をするので、1ヶ月でだいたい18000円くらいの出費・・・・・。
貧乏な家庭にはかなりきつい出費です (ノω・、)
それも仕方ないですね・・・・だからといって諦められるわけないし。
血糖値を制限することより、出費を制限する事の方がきつそうですw
出産費用貯められるだろうかとすっごい不安。

これはロト6とサマージャンボにかけるしかないか!w

theme : 糖尿病
genre : ヘルス・ダイエット

著作権表記

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

プロフィール

Chira

Author:Chira
Σリンクフリーです
Σ相互リンク大歓迎!

【http】【zip】【rmt】を含むコメントは禁止しています

大阪府のお天気
ウェザーニュース
ちら見のすすめ
ちら見のリンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)
06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
UNIQLOCK
ハナマルをクリックしてね

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。