--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-28

はずかしいできごと


去年の年末から痛くなりだした私の右肩…。
もう半年以上経過してますが、あまり良くなっていません (⊃д⊂)

先週はすごく辛くて、痛みで眠れないくらいだったので、週末だけ接骨院に通いました。
炎症を抑えるために氷でガンガンに冷したのが良かったのか、今週はわりといい感じ(もちろんそれでも常に痛いわけです)
ちょっと動かしただけでも痛い状態だと、痛くて何もできないから余計筋肉が固くなる悪循環に陥るみたい。
それじゃ全然良くならないってんで、痛みがマシな今のうちにしっかり動かしておこうかな~と、先週お休みしたヨガ教室へ行ってきました。

ヨガにも色んな流派みたいなのがあって、今は「アイアンガーヨガ」の教室へ調子の良い時に通ってます。
筋肉や関節が固い人でも、しっかりと体を伸ばしてヨガのポーズ(に近い形が)できるように、大きいバスタオルやベルト、ブロックといった補助具を使ってやるヨガです。
先生も一人一人の動きをしっかりと見て回って指導してくれるし、体の固い私にはぴったんこ。

始めは立ったままでするポーズをしながら、体をちょっとずつ伸ばしていきます。
1週間お休みしただけで、ガチガチに固まってる私の股関節… つД`)
汗だくになりながらも、順調(?)に体を動かしていました。

横になり、お尻の下にブロック2個とバスタオルをあてて、腰と背中をうんと伸ばすポーズをしていた時。
胸(肋骨)を開くために、肩が下に降りるかたちになるんですが、これが痛い!
左肩はむしろ気持ちいいくらいなのに、右肩はめっちゃいたい。

あまりの痛さに、つい体勢を崩してしまっていると、先生がやってきて

ヽ( ・ω・)ノ 先生< ほいほい、右肩があがってる~もっと下に降ろして~

ヽ(;´Д`)ノ 私< いや…ムリです…肩が痛くて…

ヽ( ・ω・)ノ 先生< ありゃりゃ、どれどれここが痛いのかな?


次の瞬間、肩の一番痛いポイントにずばり食い込む先生の指!
秘孔を疲れた私は、痛さのあまり、ぐあっっっ!と悲鳴をあげてしまいました。


ヽ( ・ω・)ノ 先生< よしよし、ここが痛いのか…どれどれ…

さらに第2、第3の秘孔をぐりぐりと突く先生。
あまりの痛さに悲鳴を押し殺して耐える私。

ヽ( ・ω・)ノ 先生< 痛いか…かわいそうにな~ちょっとがまんしーよ


秘孔をぐりぐりされまくり、必死に痛みを堪えていたけど、気がつけばあふれる涙…。

ヨガ教室で号泣してしまいました…(/ω\)
ひっくひっくとしゃくりあげるまで号泣…w

ヽ( ・ω・)ノ 先生< どういう時に一番痛い?

とやさしい言葉に答えようとしても、しゃくりあげていてまともに返事もできない私。
そんな私を見て先生が一言。


ヽ( ・ω・)ノ 先生< もうアンタ、それ五十肩になってしもうてるやん~まだ若いのに~


ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

やっぱり五十肩だったのね…。
接骨院のセンセも、私に遠慮してか「五十肩」とは言わなかったのに…。
よもやヨガ教室で「もしかして…」と思っていた事を宣告されるとはw
っていうか、あんな大勢の人前で号泣したなんて小学校の時以来かも。
あぁぁぁ~~~~恥ずかしい~~~~~~~~~ヽ(;´Д`)ノ

その後は、肩が痛くないように最小限の動きだけしてヨガ教室終了~。
肩は思い出しただけでも涙が出てきそうになるくらい激しく痛かったけど、股関節や腰はばっちり伸びて爽快でした♪
むしろ泣き疲れたかもw

先生は「泣かせちゃってごめんね~痛かったねぇ~~」って謝ってくれたけど、大丈夫!
来週もまた教えてもらいに行くわ!!

今日は肩をいっぱい動かしたので、しっかりとアイスノンで冷して寝ます。

(つ∀-)<おやすみなさい~


(σ・ω・)σ ブログランキング参加中


comment

管理者にだけメッセージを送る

はじめまして、こんにちは。肩の痛みの記事だったのでちょっと前に私が経験していることを書いてみますね。
それは突然の痛みでした、朝起きると激痛が走り腕があがらない。かみさんに相談して、会社が休みの日に整形外科にいきました。すると一言
「女性に多い症状だけど、注射一本ですぐよくなりますよ」
との先生の話。実際に注射をうってもらうと、数分後にはちょっと痛いけど今まであがらなかった手が簡単に挙がるように。正直びっくりなくらいの回復でした。
原因は石灰分のようなものが上腕部の上のほうに固まっていて、それが周りの炎症を引き起こしているというものでした。レントゲンを撮られたのですが、素人目にもはっきりと違和感のある写真になっており、なんでこんなものができたんだ? といった感想。
四十肩、五十肩と呼ばれるものの多くは、加齢によるものではなく、なんらかの原因があり、それを取り除くことで治るそうです。リハビリが必要なもの、適度な運動が必要なもの、様々ですが一度専門医に見てもらったほうがいいと思います。ちなみに私の場合は2度の通院で完治しました。実質1回。二度目は治ったことの確認だけでした。
以上長文失礼いたしました。

Σ 鉄刀木@会社さま
こんにちは~体験談聞かせてくださってありがとうございます!
整形外科は「行った方がいい」「行かないほうがいい」と人によって意見がさまざまだし、
昨年旦那がぎっくり腰をして救急車で運ばれた時に
「こんなんで担ぎ込まれても困るねん…早く帰ってな」
と言われた事もあり、ずっと行かずじまいでした…。
兎にも角にも痛みが取れないことには何をするにもどうしようもないので、一度整形外科へ思い切って行ってみます!
旦那が担ぎこまれたのとは別の病院へ行くことにします(´∀`)
アドバイスありがとうございました!!!

著作権表記

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

プロフィール

Chira

Author:Chira
Σリンクフリーです
Σ相互リンク大歓迎!

【http】【zip】【rmt】を含むコメントは禁止しています

大阪府のお天気
ウェザーニュース
ちら見のすすめ
ちら見のリンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
UNIQLOCK
ハナマルをクリックしてね

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。