--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-22

疲れたときに読んだ本【質問箱】


このところ、年末年始もあってずっと仕事が忙しくて
めいいっぱいがんばっても、時間内に仕事を終えることができなかったりして
「他の人はちゃんと出来るのにやっぱり自分は手が遅くてダメな人間なんだ」
とか、くだらないしょうもないことでグチグチと被害妄想的に悩んだりとかもしていて
目薬をさしたら、「しみる」んじゃなくて「いたい」ので、目も疲れすぎて年なのかなとか

とにかくもう、ダメポモード全開になってて、煮詰まってた時に、そんな私の状態を知ってか知らずか、同僚が本を貸してくれました。
これ、すっごい良かったんで、ちょっと見てみてくださいって。



質問箱




その子が谷川俊太郎の本が好きなことは前々から聞いてしっていたんだけど、私はどうも「詩人」というものに甘酸っぱいような少女っぽいイメージを抱いていて、その人の本の評価を聞いても自分で買って読んだりする事はなかったんです。
この本を借りたときも「あ、谷川俊太郎の本や・・・」と一歩引いたきもちになったんだけど、同僚もすごくいいと勧めるし、ちょうど読んでいた本を読み終わった時だから、じゃあ読んでみるかという気になったのです。

その日の帰りに電車でその本を開いてみたんだけど。

たしかに、ほんとうに良かった。

今まで自分が「詩」というものに対して持っていたイメージは間違っていたんだな~と思った。

いつも読んでいるような小説は、ドキドキする映画みたいなもので、始まったらその世界に吸い込まれてしまって、終わりまで一気に流されるようにどどどっと読んでしまい、あぁ・・すごかった、面白かった、と本を閉じる。

「詩」っていうのはそんなんじゃなくて、ひとつひとつの言葉を感じながら読むものだったんだなって。

小説だったら1駅の間に5ページも10ページも読んじゃう時があるけど、詩は1ページを1駅も2駅もかけて読む。

そうやってゆっくり本を読んでいたら、ことばの一つ一つが沁みてきて、疲れが取れたとか、元気になったとかじゃないんだけど・・・なんというか、ちょっと楽になりました。
そんなに目を吊り上げて、張り切らなくていいんやなとか考えられるようになった。


だからといって、仕事がヒマになったわけでもないし、仕事の量が減ったわけでもないけど、本を読む前よりは上手に仕事ができている気がします。
それでいいんだな。
うん。

本は借り物なので、2回読んだ後に返したけど、今度大きい本屋さんへ行ったときに自分の本を買おうと思いました。


comment

管理者にだけメッセージを送る

著作権表記

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

プロフィール

Chira

Author:Chira
Σリンクフリーです
Σ相互リンク大歓迎!

【http】【zip】【rmt】を含むコメントは禁止しています

大阪府のお天気
ウェザーニュース
ちら見のすすめ
ちら見のリンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
UNIQLOCK
ハナマルをクリックしてね

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。