--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-30

糖尿病で入院するまでの記録 vol.1


私は30代前半でⅡ型の糖尿病になりました。

糖尿病だと分かったときは自分がこの病気だと言うことが、いやでいやでしょうがなかった。
周囲の人達・・・特に家族からあれやこれやと生活習慣の事で責め立てられたり(しているように感じた)、お説教をされるのがいやでいやでしょうがなかった。
「糖尿病です」と言うと、今までの生活習慣の事をいちいちあれこれとやり玉に挙げられて、「私は健康な人なのよ。だからあなたに教えてあげる」といった感じの上から目線でちくちくと言われるんじゃないかと思っていた。
友人や同僚に話すと糖尿病=メタボ=デブ=食生活や生活習慣すべてにだらしない人みたいな図式が出来上がって、自分の人間としての評価が下がるようで怖かった。

実際にこの頃はメタボという言葉があふれかえっていて、テレビで街を歩いている人へのインタビューやコメンテーターをいう肩書きの芸能人がメタボという言葉を口にする度に「生活習慣用は怖いから注意しましょう」というよりは「自分はメタボじゃないからしっかりしている人間」「メタボ=だらしない人間をバカにしている」ように感じとられる事の方が多かった。


でも去年の経験を忘れないようにするため、これからの自分のためにも、思い出せることを思い出してブログに記録として残します。


*・゜゜・*.。..。.*・゜*・゜゜・*.。..。.*・゜*・゜.*・゜゜・*.。..。.*・゜*


2007年4月

急な発熱と嘔吐、ひどい腹痛で仕事を休む。
病院へ行って尿検査、血液検査、腹部の触診などをして急性膵炎だと言われた。
血糖値は低かったものの(100ちょっとだから普通の範囲内)、おしっこの中に出てはいけないいろんなものが出ているし、血液検査の結果もひどいものだった。
慢性化したら大変な病気だから、静養してしっかり治しましょうと医者に言われました。
膵炎ってそんなに怖いのか・・・と思いつつ、自分も若くないってことかな~とオバカな事を考える。

ネットで「膵炎」と調べるとお酒の飲み過ぎって言葉がすぐに出てきますが、私はほとんどお酒を飲みません。
友人と飲みに行った時はお付き合いで飲むけれど、家で飲むほど好きではないので家には料理酒以外のアルコールは置いていません。
この時急性膵炎になった原因は分からないままでした。

この後、風邪やら健康診断やらで2~3ヶ月おきに同じ病院へ行くことがあって、その度に血液検査をしましたが、血糖値はいつも低く(たしか100前後だった)糖尿の「と」の字も頭の中にはありませんでした。
もちろん病院の先生も「と」の一言も言っていなかった。
2007年最後の血液検査は12月の頭にインフルエンザの予防注射をしにいった時。
やっぱり100ちょっとで超普通の範囲内。

親兄弟にも親戚にも糖尿病の人は一人もいなくて、次の年に自分が糖尿病と診断されるなんてこれっぽっちも考えていませんでした・・・・・。


theme : 糖尿病
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

著作権表記

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

プロフィール

Chira

Author:Chira
Σリンクフリーです
Σ相互リンク大歓迎!

【http】【zip】【rmt】を含むコメントは禁止しています

大阪府のお天気
ウェザーニュース
ちら見のすすめ
ちら見のリンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
UNIQLOCK
ハナマルをクリックしてね

最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。